2010年02月06日

<自民党>谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は29日午前、山崎拓前副総裁(73)と党本部で会談し、「(70歳)定年制を守れという強いアピールがあり、党内をまとめるために協力願いたい」と述べて、今夏の参院選比例代表候補として公認しない考えを伝えた。山崎氏は「重く受け止める」と受け入れた。

 会談後、山崎氏は今後の対応について記者団に「すべて現時点では白紙だ」と語った。大島理森幹事長は29日、片山虎之助元総務相(74)と保岡興治元法相(70)にも公認しない方針を伝えた。【田所柳子】

【関連ニュース】
自民党:比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
山崎前副総裁:引退へ 参院選で自民公認難しく

<高速道路無料化>政府、2月2日に対象路線発表へ(毎日新聞)
【施政方針演説】全文(7完)むすび「かたときも忘れることなく…」(産経新聞)
江戸川区が全校に読書科新設へ(産経新聞)
<公取委>電力用材料の受注調整でメーカー3社に課徴金(毎日新聞)
最大640人が受験=センター試験追試(時事通信)
posted by シオバラ トシミツ at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。