2010年01月28日

山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)

 自民党の山崎拓元副総裁(73)は25日、福岡市内の事務所で記者会見し、党執行部に求めている参院選比例代表での公認について「週内に回答が得られなければ離党し、何らかの形で立候補する」と述べた。

 離党後の対応については「どこかの政党(に入党する)か新党(を立ち上げる)かは白紙」と明言を避け、一部報道の「引退の意向」については否定した。

【関連記事】
「参院選対応、週内に決着」 引退報道に山崎拓氏
自民党「新生」のカギは谷垣総裁自身
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補
衆院落選組のくら替え出馬に強い不満 自民・谷川参院幹事長

<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2〜3割あれば」(毎日新聞)
<鳩山首相>検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認(毎日新聞)
水俣病集団訴訟、熊本地裁が和解勧告(読売新聞)
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民(時事通信)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)
posted by シオバラ トシミツ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。