2010年03月28日

不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)

 総務省は26日、実際の役職よりも高い給料を支払う「わたり」が、福島、千葉両県で新たに確認されたとする再調査結果を発表した。

 両県では、国で3、4級に相当する主査が、5級に格付けされるなど計1601人の「わたり」があった。両県は来年度から是正する。

 同省は昨年12月、全国219の自治体で「わたり」が行われていたとする調査結果を公表。都道府県は大阪府のみだったことから、原口総務相が都道府県と政令市を対象に再調査を指示していた。

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談−橋下知事(時事通信)
盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」−名古屋簡裁(時事通信)
posted by シオバラ トシミツ at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

<友政懇偽装献金>首相元秘書、即日結審へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の東京地裁(平木正洋裁判長)の公判が、初公判の29日に即日結審する見通しであることが関係者の話で分かった。勝場被告が起訴内容をすべて認め、弁護側、検察側はいずれも証人申請を行わないという。冒頭陳述後、弁護側が被告人質問で情状面の立証を行い、検察側の論告求刑や弁護側の弁論まで進む公算が大きいという。

 夏の参院選への影響を最小限に抑えたい弁護側と、政治的影響を考慮した検察や裁判所側の意向が一致したとみられる。判決は4月にも言い渡される。

 勝場被告は東京地検特捜部の取り調べで「国民から支持されている政治家に見せたかった。独断でやった」と起訴内容を認める供述をしてきた。弁護側は検察側の提出する全証拠に同意する見通し。争点は情状面に絞られる。検察側が実母から提供され、偽装献金の原資となった資金の流れにどの程度言及するかも注目される。

 起訴状によると、勝場被告は04〜08年、友政懇などの政治資金収支報告書に総額約3億9000万円の虚偽記載を行い、計1200万円を記載しなかったとされる。容疑不十分で不起訴となった鳩山首相について、市民団体が検察審査会に審査を申し立てている。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
鳩山首相団体偽装献金:実母資金提供 首相が3470万円、贈与税を納付
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
偽装献金:鳩山首相の不起訴不当、審査申し立て
予算編成、普天間、偽装献金の三重苦
松田喬和の首相番日誌:それを言っちゃあ…

<殺人容疑>父が37歳息子をハンマーで殴殺 愛媛(毎日新聞)
<広島女児強姦>元教諭に2審も懲役30年 広島高裁判決(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」(産経新聞)
posted by シオバラ トシミツ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

静岡・浜名湖の境界画定=2市1町の面積公表−国土地理院(時事通信)

 静岡県の浜名湖(64.97平方キロ)に関係する浜松市と同県湖西市、新居町の境界が16日画定し、国土地理院が国の基本図データベース「電子国土」上に境界を明示するとともに、市町別の面積を公表した。昨年は茨城県の霞ケ浦と北浦の市町村境界が画定しており、日本の主な湖はほとんど、行政境界がはっきりした。
 同院によると、湖面面積が1平方キロ以上で、まだ行政境界が定まっていないのは8カ所。このうち最大は、北海道の根室湾に面した風蓮湖(57.5平方キロ)。ほかに、秋田県の八郎潟調整池の一部、山梨県の富士五湖の一つである本栖湖、京都府の日本海に面した阿蘇海、岡山県の児島湖などがある。 

【関連ニュース】
四国南西部で「ゆっくり滑り」=大地震のリスク小さく
元技監らに8億6700万円請求=水門工事官製談合の損害賠償で
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分
電波望遠鏡35台で一斉観測=世界天文年で史上最大
気象庁、降水予報精度向上へ=国土地理院のGPSデータ利用

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
絹谷幸二賞 大谷有花さんらに賞状贈呈(毎日新聞)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
公約実現目指し無理露呈、マニフェスト修正も(読売新聞)
posted by シオバラ トシミツ at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。